ラジコン飛行機のブログです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
外部リンク
最新のコメント
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
下地作り(1)
数十年振りの塗装仕上げのため、どんな感じになるのか試してみたく、生地完になったフロートのみ下地作りをしてみました。
a0104699_2151559.jpg

ラジ技に出ていた記事を参考に、下塗りから始め絹張り直前まで終わったところなんですが、ここで虫の知らせと言うか、なんか気になったのでDOPEのメーカーであるTHC(東邦化研工業)さんのHPを覗いて見たところ、DOPEの上塗りにラッカーを使えないと云う掲載が...... そういえば、子供の頃に模型屋さんに習った覚えが(^^; 私の構想としては、ラジ技の記事に出ていた通りに、絹張り~下地完成までDOPEで行い、着色はラッカースプレーで済ませる計画。でも、ラッカーは使えない? 焦ってTHCさんに問い合わせを入れたところ、大変丁重に回答を返してくれました。

その回答によると、ラッカースプレーは気温が20度以上であれば噴霧中に余分なシンナーが揮発してしまい、薄塗りで行えばDOPEの塗装膜に影響を与える事が少なくなるので、一度に厚塗りせず重ね塗りで下地を隠ぺいするように仕上げれば大丈夫とのこと。また、スプレーはある程度噴霧すると缶が冷え、塗料中のシンナーの揮発量が少なくなるので塗装膜がダレ易くなるから、使用中に冷えたスプレー缶は必ず室温や外気温に戻してから再度塗装するようするといいとのことでした。これだけでも、親切に教えて頂けたと思っていたら追伸が来て、スプレーの塗装は同一方向で何度も重ね塗りをするのではなく、必ず横方向に塗装したら、次の塗装は縦方向で塗装するを繰り返して下さいとのこと、大変参考になりました。THCさん、どうもありがとうございます。

さて、絹張り前までの重量増加ですが、生地完成時が428gで現在が450gです。5%程度の重量増ですね。絹を張って塗装まで終わらすと、どこまで増えるか楽しみです。電動仕様なので、ウレタンの上塗りはしないので、エンジン仕様の機体より重量増加は少なくてすむと思います。
[PR]
by sig_porco | 2011-05-25 22:14 | 二式水戦 | Comments(0)