ラジコン飛行機のブログです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
外部リンク
最新のコメント
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
サンダーボート(2015/4/29)
ちょっと放置プレー状態だったサンダーボート。今日は、女房と子供が出かけたので、チャンスとばかりに白を吹きました。シーラインのサフェーサーも塗りたいのですが、塗って、乾きを待ってとなると研く時間が足りなそうなので諦めって感じです。サフェーサーを塗ったまま放っておくと、硬化し過ぎて研くのが大変になっちゃうからね(^^;

1回目の乾かしタイムです。この間に、レガシィをボディーコーティング預けに行ってきます。
a0104699_22186.jpg

a0104699_2154335.jpg

何か所か下地の荒れている所があったので、パテで補修して仕上げの白を吹きました。
a0104699_21553252.jpg

飛行機ほど仕上がりが良くありませんが、こんな感じでご勘弁頂けないかと.....(^^;
これから、足づけをしてマスキングですね。 やっぱぴ模型作りは楽しいなぁ~
っと悦に入っていたら、ある方からお楽しみのご依頼が..... 技術向上のために頼まれてしまいました(^^)v
[PR]
レガシィ(ボディーコーティング)
近所にイエローハットが新規オープン。その記念と言うことで、ボディーコーティングが半額と言うキャンペーンをやっていました。これはチャンスと早速お願いしてきました。
出来立てホヤホヤです(^^)
a0104699_21411776.jpg

屋外で見るとこんな感じ~
a0104699_21412489.jpg

a0104699_21412833.jpg

色合いに深みが出たような気がします。でも、なんか不自然なテロっとした輝きですね。職人っぽいおじざんが作業してくれましたが、今後の手入れに、最近流行りのコーティング剤や昔からあったWAXは使わないで欲しいとか。そして洗車機には入れずにボディシャンプーを使って手洗いしてあげるのが、いちばん良いそうです。う~ん、洗車機には入れちゃうだろうなぁ~(^^;
[PR]
レガシィ(四輪アライメント その2)
やっぱり真っ直ぐ走らない我が家のレガシィ、別の店舗でもう一度アライメントを見直してもらいました。
結果、なんだか右前が前回より寝ているぞぉ(^^; やっぱり測定の誤差って結構あるのですね。
a0104699_21223244.jpg

と言うことで、足回りに詳しいメカニックを呼んでもらい、会話&同乗走行で症状を確認してもらって、やっとまともに走るようにしてもらえました。ここから先は好み問題だぁ~ やっと解決!(^^)v
[PR]
行くぞぉ~
よ~し! 5/2は久しぶりに飛行機飛ばしに行くぞぉ~(^^;
そのラインアップじゃ~
a0104699_051799.jpg

しかし、レガシィで初飛行場だけど、こんな一杯乗るのかな?
あっ、こいつも連れて行かなきゃ....(^^;
a0104699_085130.jpg

[PR]
レガシィ(カーゴスペース)
レガシィのカーゴスペースの下にちょっとした収納スペースがあります。まぁ、スペアタイアが入っている部分のちょっとした隙間なんですが。そこには、トノカバーがついていてカーゴスペースの床を平らにしています。こんな感じですね。
a0104699_6444218.jpg

a0104699_6445139.jpg

で、このトノカバー、床全体で1枚ものになっているので少しでも荷物が積んであると開けるためには全ての荷物を降ろさなければなりません。と言う、大変使いにくい代物です(^^;
そこで、今回小物入れの仕切りのある部分でバッサリ切ってしまい、二分割にすることにしました(^^;
まずは、小物入れの仕切りの部分に線を引き、
a0104699_753530.jpg

そこを鋸で「えいやぁ」とカットです。こんなカバー、どうせ集成材のような物だろうとたかをくくり、ノコ刃を入れたところ、なんか感触が違います。あれ?と思いながら、もう後には引けないし、家に他の切断工具があるわけでもないので(飛行機用の工具では追いつかない)、そのまま作業を進めてしまいます。途中まで切ったところから、何となく切れ味が悪くなってなってきました。切りくずを良く見ると少し鉄粉のような物が混じっていて、鋸刃の目が飛んだか?と思いながらなんとか最後まで切り終えました。結果は、こんな感じです。
a0104699_6583117.jpg

なかなか使いやすそうですね(^^)
っと満足しながら、トノカバーの切り口を見てみると...... あちゃ~、薄い金属が両面に貼り付けられているぅ~(>_<) 違和感の原因はこれだったんだぁ... 金属を普通のノコ刃で切ってしまった(T_T) その代償は
a0104699_715845.jpg

刃がボロボロになっていました..... はぁ、替え刃を買ってこなきゃ(>_<)
ちなみにレヴォーグは最初から二分割になっています。しかし、四代目だか五代目だか知りませんが、レヴォーグになるまで改良しなかったって..... この辺りでもメーカーの姿勢が良く解りますねぇ(^^; 一応フラグシップカーなのにね。














 
[PR]
レガシィ(OBDⅡ)
またまたレガシィネタです。飛行機ネタはどこに行ってしまったのだろう....(^^;

今回は先輩の一言にヒント得て、OBDⅡなるものを入手です。これですね~
a0104699_22163774.jpg

で、これは何?ってことですが、車載コンピューター診断装置(On-Board-Diagnostics)ってやつですね。ウィキペディアによると、前身のOBDとは違い、OBDⅡはメーカーの壁を超えて、DTC(Data link coupler)と呼ばれる同じ形状・ピン配置の接続コネクターと、同じ故障コードを使い、故障発生時には同じように警告灯を点灯させる機能を実現させたものとのことです。なので、車種を問わず最近の車であればどんな車にも取り付けられるようです。まぁ、拾ってこれる情報は車種によって違うようですが....

レガシィ(BRG)の場合は、アクセルペダルの根元辺りにこんなコネクタがむき出しになっていますので、
a0104699_22251095.jpg

ここに差し込んでやると、Bluetoothを介してスマホと接続できます。私が入手してOBDⅡは、差し込むと常時電源が供給されているタイプなので、しばらく車に乗らない場合はバッテリー上がりに注意する必要があるようです。(差し込むと赤いLEDが点灯します。)
a0104699_22285445.jpg

この製品、ネット通販で検索をかけると色々の物が出回っていますが、製品によっては煙が出てしまうような粗悪品もありようです。また、Bluetoothでスマホに繋がらないとか.... そんな情報を事前に入手していたので、ほんの少しだけ割高でしたが、検査をしてから出荷してくれるショップの物を選んで購入したところあっさりスマホとのリンクも確立できました(^^)

そしてこいつがスマホにデータを表示させたところですね。(この写真は、車外のため車のデータが拾えていません)
a0104699_22332368.jpg

画像では、水温とターボのブースト圧計、アクセル開度計をお見せしていますが、表示できる項目は平均燃費や瞬間燃費、電圧等非常に沢山の項目が表示できます。それもメーター形式だったり、デジタル形式だったり、グラフ形式だったり。まぁ、だからなんだと言う話もありますが、しばらくオブジェとして楽しめそうです(^^;
[PR]
レガシィ(四輪アライメント)
さてさて、四輪アライメントをとった我がレガシー・ツーリングワゴンですが、まだ、少しだけ左にハンドルがとられます。アライメントの結果を見てみると、調整前のキャンバーが若干ですが右前が寝ています。数字にすると0”13’の違いです。また、スラスト角が0”01’とのこと。スラスト角の基準値は0”00’ということなので、一応基準値から外れています。でも、+0”01’と言う数字が右癖に出るのか、左癖に出るのかよくわかりません。ネットと調べてみると、リヤが右方向に進むようです。

この結果を見たスバルのメカニックは大したズレはありませんでしたと電話で私に報告をくれましたが、果たして大したズレではないのか? 調整した結果、前のようにハッキリ左に流れる傾向は無くなったので、この数値の違いは大きな差だったのでは?と私は思います。 で、こともあろうに、調整後も少し左に流れると言うことで、メカニックがトーインを強くしてしまったようで、これが運転していてハッキリ分かってしまいます。普通、ここまではトーインを強く(イン側に)しないだろうって感じです。

いま、写真を見てわかるように誤差の範囲で右のキャンバーが寝ているので、これを0”05’程度でいいので、左のキャンバーを寝かせて、トーインを0~,2mm程度にすれば、普通の車になるのではないかと? ということで、今月末に立ち合いで調整してもらうことにしました(^^;
a0104699_11465631.jpg

でも、これだけに小さな数値が体感できるってことは、良い車なんだなぁ~っと思います。
[PR]