ラジコン飛行機のブログです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
外部リンク
最新のコメント
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
なかなか順調
なかなか順調に進んでいます(^^)
左翼も翼端をカットしキャップをしました。
a0104699_23132483.jpg

前縁材をはり付け、翼根のリブを接着する前に胴体にピッタリ着くかの確認です。
a0104699_23132795.jpg

右翼はピッタリなんですが、左翼の前部分が多少隙間が大きいようで.....
a0104699_23133181.jpg

ピッタリに修正して接着しました。
[PR]
左翼
はい、今日は左翼です。rctechさんよりアドバイスを頂いたので、左翼はスパーにもエポを使いました。どうもありがとうございますm(_ _)m
そして、eztopline50さんのアイディアも試させて頂きました。こちらも、ありがとうございますm(_ _)m
a0104699_033241.jpg

これで明日の朝まで放っておきます。

ところで、私の作る翼が凸凹になる原因の第一はコレですね。
a0104699_0324956.jpg

写真下側のスパーの部分をよく見ると、リブよりもスパーが数ミリ(1ミリ以下)出っ張っています。これによりプランクが歪んでいるのが良く判ります。この歪みが、手のひらで翼面をなでて見ると顕著に判るのです。ほんの0.2~0.3の段差なのに、凄い影響がでることにビックリです。

ところで、なんで翼端が......
a0104699_0331024.jpg

そうなんです。どうしても4号機の真似をしたくて切ってしまいました。実は、翼を作り直す決心をしたのは、この件もあったからです。
a0104699_0324626.jpg

そして、用意しておいたキャップを接着しました。
a0104699_0324355.jpg

[PR]
二枚目の主翼
って言っても、SuperStageを複葉機にするんじゃないですから(^^;
いやぁ~、さすがに2回目となると作業が早いです。注意しなくちゃならない場所も把握しているので、ほとんど図面をみないでスラスラ作業が進みます。

まずは右翼。前回入れ忘れたカンザシパイプと、エルロンコードのトンネルもきちんと入れました。もう少しで、エルロンのサーボベットを忘れる所でしたが....(^^;
a0104699_0203429.jpg

でもって、上面のプランクです。結局、FHさんお勧めのフラットバーで固めています。今回は、下面は低粘度の瞬間を適度に使い、上面は焦らなくていいようにホワイトボンドです。まぁ、後縁部分だけはエポを使いましたが。
a0104699_0202938.jpg

これで明日まで放っておきます。左翼も下面プランクまで終わっているので、明日の夜には左右同じ形になると思います。そして、今回こそプランク面が凸凹にならないことを祈ります.......
[PR]
胴体の研ぎ
今日はとある事情で休暇を取りました。
そして一人の時間が充分にあったので胴体の研ぎ作業です。
a0104699_21182075.jpg

これで1回目のシーラー作業は終わりです。
結果、胴体が684gから7g増えて691gに、カナライザーは8gから8gなので
ほぼ誤差の範囲ですね。合計だと1316gなので24gの増加。思ったより軽く仕上がっています。

でも.......
やはり悩みに悩んだ末
a0104699_21181627.jpg

よ~し、頑張るぞぉ~!!
[PR]
研げた
とりあえず主翼と尾翼だけ、1回目シーラーの研ぎが終わりました。
#240で荒削りし、#320で仕上げと言う感じでした。
a0104699_2014513.jpg

右翼:255g(+7g)
左翼:256g(+4g)
右尾翼:52g(3g)
左尾翼:(54g(3g)

右翼はプランクを失敗していて、凸凹部分をパテで修正したので多少重くなりました。まぁ、私には誤差の範囲ですがぁ(^^; 面積比から考えると、尾翼はもう少し落とせるのかも知れませんね。

さて、このまま作業を進めるか? 例の作戦に出るか? まだ迷ってます.......
[PR]
ワンタイム
アメリカ RedDevil社のONETIMEと言うパテです。凸凹になってしまった主翼を少しでも軽く、平らにしたいと思い、使えそうなパテを捜していましたが、このパテは割と良いかも知れません。
a0104699_2354770.jpg

何が良いかと言うと軽いのです。普段使っているセメダインの穴うめパテ1gとワンタイム1gを比べてみました。こちらが穴うめパテで
a0104699_2354026.jpg

こちらがワンタイムです。
a0104699_2354424.jpg

同じ1gでこんなに量が違います。
使った感じはと言うと、マイクロバルーンを溶いたような感じです。容器に入っているままだとちょっとスカスカの感じ。
a0104699_2353730.jpg

こいつを練るとクリーム状になります。
a0104699_2353490.jpg

サンディングもサクサク削れる感じです。ただ、この上にすぐに塗装って感じではないようです。
[PR]
スパッツ
SuperStageのスパッツですが、予算の問題もあり手持ちのFRP物をを使います。これ、OTOP君の純正パーツです。昔、悲しい出来事があり2セット持っていました(^^; まずは真っ赤な塗装と落とすと共に、つなぎ目の段差を削り落します。そうそう、塗装を剥がす前の重さは17gです。
a0104699_0143966.jpg

そりて、ひととおり塗装を落とすと16g。1gしか変わらないのですね。
a0104699_0143456.jpg

次にメインギヤがあたる部分が一段落としてあるので1.5mmのバルサで埋め、グラスクロスとFRP樹脂で蓋をします。
a0104699_0143010.jpg

Mテックさんのブログで紹介されていた修理方法を参考にして、薄手のグラスクロスを2枚重ね、その上に少し大きめのマイクログラスをはりました。筆を使わず、バルサの端切れで作業するのもMテックさんの真似です。
a0104699_0142668.jpg

FRP樹脂を少し厚めに盛ることで削りしろを確保し、できるだけパテを使わないようにしてみます。
a0104699_0142410.jpg

最近は随分寒くなってきたので、硬化に少し時間がかかると思います。今日はここで終わりです。
[PR]
ダメだ~
今日は15時まで自由時間の予定でしたが、事情が変わって13時までに。え~、そんなぁ~って感じです。(>_<) 頑張ってたけど#240までしかかけれませんでした(T_T) とりあえず現時点での重量増加を計ってみたら。胴体が29g、右翼18g、左翼16g、右尾翼5g、左尾翼5gで合計73g。FHさんのテクニック集によると2回目のサンディングシーラーが終わって30g程度の増加と言うのでまだまだ削り落さないとなりません。でも、サンディングシーラーって、塗ってから日にちを置くと硬化が進んで削りにくくなっちゃうんだよなぁ~(T_T)
a0104699_21434494.jpg

今朝は、予定通り7時から作業開始。唯一予定通りでなかったのは、昨晩、どうしても我慢出来ず反面だけ禁断の室内塗りをしちゃったところ(^^; なのでここからスタートです。
a0104699_21333720.jpg

FHさんのレシピに従ってサンディングシーラーにタルクをゴッポリ混ぜますが、こんなに混ぜるんですよ。不思議なのが、この量のタルクを混ぜても、液体としてはほとんど量が変わらないのです。
a0104699_21335284.jpg

そして、一通り塗り終わったのが8時半頃かな。
a0104699_21511828.jpg

このあと、10時半頃から昨晩済ませておいた部分からサンディングを開始しましたが、昼ご飯を食べずに13時まで作業しても目標までは進まなかった。次はいつ出掛けてくれるのだろう.....

【備忘録】
・削り出しは#240ではなく、#180からでよかった。
・レシピの分量で二度塗りできる。
・ヒンジ溝に溜まったシーラーはエアーで吹き飛ばす。
[PR]
最終磨き
完全生地完まであと一歩。最終磨きに入りました。#120からはじめ、#320、#600で磨いていきます。FHさんの推奨とちょっと使うペーパーの粗さが違うのですが、手元にあると思っていたペーパーがなくて...(^^;
a0104699_20214920.jpg

a0104699_20214743.jpg

今回の自由時間は明日の15時まで。目標は1回目のサンディングシーラーと磨きまで。今日の11時半から始め、16時にはシーラーを塗れると思っていたら、ぜんぜん甘かった(>_<) 17時過ぎには雨まで降り出してしまい、玄関の軒下でなんとか#600までかけましたが、最後はちょっと粗い作業になっちゃったなぁ~ しかし、女房がいたら絶対できない作業だな。バレないようにちゃんと掃除しておかなきゃ。バルササンドを真似した作ったペーパーホルダー、すごく使い易かった。なんだかきちんと平面が出た気がします。主翼はダメだけどねぇ~ よ~し、明日は6時半には磨きあがりのチェックを始め、シーラー塗りを始めるぞぉ。11時には磨きはじめられるだろうから、なんとか目標まで進めるかな..... 頑張らなきゃ(^^)v

【備忘録】

胴体(カンザシパイプガイドなし):684g
右翼:248g
左翼:252g
右尾翼:49g
左尾翼:51g
カナライザー:8g
[PR]
プロペラのバランス(その2)
APCで使う金属のカラーが欲しくてエアークラフトのネットショップを覗いてみたら、ちょうどセールで90円だったのでポチッと。で、90円のために400円の送料を払うのもなんだかなぁ~っと思い、ペラも一緒に頼んでしまいました(^^; こっちの方がなんだかなぁ~って感じですよね。でも、先週のラフ着陸でAPC20.5x14WEの先っちょを欠いてしまったので、どっちにしても買わなければならなかったのです。今回選んだサイズはAPC20x15Eです。20.5x14WEで2100W程度だったので、もう少しパワーが出てもいいのかなと思い、ダイヤは小さくなりますがピッチの強い物を選んでみました。どんな数字になるのかな?って感じです。しかし、こうやってプロペラ地獄に落ちるんだよね(^^; 定番のFHのペラを使いた~い!
a0104699_22131862.jpg

さて本題のプロペラバランスですが、まずはその前にドライブワッシャーに当たる部分の調整です。っと思い、ペラの裏側を見てみると..... あれっ、これまでのAPCと違う? なんだかずいぶん綺麗に仕上がっているぞぉ。
a0104699_22132115.jpg

そんなことで何も手を加えずトラッキングのチェックをしてみます。 (ほぼ)平らの板の上に置き、板とのクリアランスを見てみます。
a0104699_22133338.jpg

180度回して反対側もチェックします。
a0104699_22133175.jpg

お~、(ほぼ)ピッタリあってる! なんか凄いじゃん(^^;
次に角倉方式でバランスをみます。まだ、パーツの選定がベストな状況ではありませんがいい線まではきています。これにスピンナーとペラをつけてコップの上に乗せてみると、良い感じに水平方向でバランスします。でも、これはバランスが合っている状態ではありません。その証拠にこの状態から180度回転させた位置ではバランスしてくれません。俗に言うヤジロベイになっているだけなんですね。さて、この後はどの位置でも静止するようにスピンナーのバックプレート部分を使って調整していきます。ちょっとトライしましたが、まるでうまく行かないので、今日はこの辺りで終了です(^^;
a0104699_22132660.jpg

[PR]