ラジコン飛行機のブログです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
外部リンク
最新のコメント
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
プランクの波打ち
鏡面仕上げを目標としているSuperStage作りですが、主翼プランクの波打ちで挫折しています。原因をきちんとつかんでおかないと、作り直すにも、次の機体で頑張るにも同じ結果になってしまうと思い、いろいろ考えてみました。ラジコン親父さんからは、スパーの前後を分けて貼った方が綺麗に行くよと言うアドバイスをもらいました。私の腕前では、確かにその方が上手く行くような気もしますが、1枚物のプランク材でうまく仕上げている方も多いので、私の作り方のどこかが間違っているはず。いろいろ考えた結果、以前、角倉さんが瞬間はボンド・アロンアルファのプロ用 No.1が使いやすいと言われていたこを思い出しました。その理由は? う~ん、そこまでお聞きしなかった.....(^^;  考えるに瞬間の使いやすさと言えば、粘度が適度であることと、硬化時に収縮しない(瞬間接着剤は収縮しないはず) ことしか思い浮かびません。もし、粘度が適度でしみ込み具合が良いと言うことでしたら、私が使っているホビキンの低粘度がサラサラし過ぎって感じです。もしかしてここに原因があるのでは?と思い、思い切って角倉さんに相談させて頂いたところ、さっそく実験をしてくれました。(角倉の電動フライトテクニック

結果を見せて頂くと、まさにこの状況が起こっているのだ!と思いました。私は、接着剤はたっぷり流しておいた方が良いと思いこんでおり、下面プランクを貼りつける際にもリブやスパーの部分にたっぷり低粘度の瞬間接着剤を流し込みます。その結果、角倉さんのサイトに書いてあるようにバルサにしみ込む接着剤の量やバルサの収縮の違いで波打ってしまっていたのだと思います。中高校生の頃に作った機体のプランクが綺麗に仕上がっていたのは、セメダインCや木工用ボンドを使い、隙間ができないように丹念にマチ針で止めていったので綺麗に仕上がっていたのですね。

後から瞬間接着剤メーカーのサイトを見ていたら、瞬間接着剤の上手な使い方として、ごく少量で接着することと書かれていました。また、バルサのような素材は、ゼリー状の物を使いしみ込ませない方が狂いが出ないようです。(もちろん接着した部分によってしみ込ませた方が良い部分もあります)

いや~、これだから飛行機作りは面白いですね。
う~ん、出来れば主翼だけ作り直したい(^^;

角倉さん、いろいろアドバイスを頂き、どうもありがとうございます。
[PR]
尾翼の組立て
引き続き水平尾翼の組み立てに入ります。
まずはジグの上に下面プランク材を置き、スパーとなる部分をスリットにはめ込み、リブを差し込んで行きます。そして前縁、後縁をはめたところで後ろ半分から低粘度の瞬間を流し込みです。この時、主翼の失敗を思い出し、必要以上に力をかけないようにして接着してみました。そして、カンザシの受けパイプやエレベータホーンの取付材(右だけ)を接着し、上面のプランクを行います。
a0104699_22332348.jpg

重しは鉄製のフラットバーです。
a0104699_22332613.jpg

リブにエポキシを塗る際にヘラで塗るのは大変なので、ビニール袋に入れ、隅をカットしてチョロチョロ出せるようにしました。
a0104699_22333074.jpg

垂直尾翼も同じように作りましたが、上面プランクはエポを使うのが面倒だったので中粘度の瞬間で接着しました。
a0104699_22333310.jpg

そしてその出来あがり具合はいいますと、水平、垂直に関しては満足な仕上がりとなりました(^^)
a0104699_22472297.jpg


しかしこの機体、本当に楽に作ることができるの作業がすごく捗ります(^^)v
[PR]
主翼の組立て
今日は女房子供がいないので、一日家で飛行機作りを楽しめます。
まずは、プランク材のサンディングから。
a0104699_0164619.jpg

サンディングが終わったプランク材を室内にいれて、リブの仮組を行います。
a0104699_0175656.jpg

そうそうRCTECHIさんから質問があったスリットはこんな感じです。
a0104699_0184677.jpg

部品の準備し忘れがないか、取付位置を確認をして接着します。最初にリブから後ろの部分を接着し、
a0104699_0203875.jpg

次に前部分を接着しました。
a0104699_0213389.jpg

とりあえずこれで下半分出来あがりです。
先日紹介した前縁部分です。このパッチ、やっぱり作り易かったです。
a0104699_0225084.jpg


ここで、下反面の出来あがり具合をチェックします。今回は綺麗に仕上がったと思いきや全然ダメです。手のひらの感触で確認すると、スパーの部分等が平らになって凸凹感がすごく伝わってきます。Super飛燕を作ったときとまるで一緒です。これじゃ塗装した時にデコボコが目立ってしまうはず。みんなどうやって綺麗に作っているのだろう? はぁ~(涙) まぁ、下面だからと気を取り直して左翼も同じように組みましたが、結果も同じでデコボコです。

次は、上面のプランクです。ちゃんとした定板を持っていないので、アルミのアングルを使って作業環境を作り出します。翼根側と翼端側の確度を計り平面を確認します。(問題なさそうです)
a0104699_0314336.jpg

a0104699_0314045.jpg

この後、30分のエポを使って上面プランクを行いますが、ここで事件が発生です。今日は多少暑い気もしましたが、窓をあけて作業をしているとエアコンを入れなくても我慢できる感じだったので、そんな状況で作業を進めていました。しかし、これが仇にでました(T_T) 30分のエポを使ったにも関わらず、接着剤を塗っているうちに硬化始まってしまい、急いで済ませたのですがダメでした...... 接着剤だけ硬化してプランク材が接着されていません(大泣) なんとかヘラを使い、接着剤を流し込んで最接着しましたが仕上がりは凸凹。本当に嫌になります。今更剥がしてやり直すことも出来ないので、何か良い修正方法がないかこれから考えます。(この辺りは焦っていたので写真がありません) ひと段落ついて、エポの説明書を読んでみたら、気温30℃では10分以内に作業を済ますことと書いてありました.....

もう一度気を取り直して、気分転換にホームセンターへ60分硬化のエポを買いに行って来ました。リブへの塗布もし難いので、100均ショップで注射器もゲットです。
a0104699_0414234.jpg

そして、よく練ったエポを注射器に入れてみます。針がついていると、さすがに出て来なかったので外しました。これはなかなか使い易かったです。1回しか使えないのがネックですが。
a0104699_0425896.jpg

って、ことで今度は余裕をもって作業できます。暑さに耐えられなくなったので、エアコンを入れたので室温も27℃で問題ありません。っと思ったら、今度はなかなか硬化しません(汗)

硬化を待つあいだ暇なので、尾翼のジグとプランク材を作りました。
a0104699_0471855.jpg

a0104699_0472427.jpg

でもって.... 接着剤を練ってから、かれこれ3時間はたつけど硬化しないぞ? 室温が25℃まで下がってしまったから? う~ん、困った(泣) まぁ、今日は疲れたからこのままにして寝るか(^^;
[PR]
思うところがあり...
久しぶりのSuper飛燕ネタです。
思うところがあり、引込脚とモーターを乗せ換えました。

まずは引込脚。ゴールドタイプとプリマでは少しばかり脚の確度が違うため、思い切ってメスを入れました。
a0104699_2214920.jpg

そして白いボール紙を使ってカバーリングします。
a0104699_22112197.jpg

瞬間接着剤をよくしみ込ませた後、プラカラーのフラットアルミを筆塗りしました。
a0104699_2211030.jpg

多少の隙間と色むらが出来てしまいましたが、脚を折ってしまった時にでもきちんと対応したいと思います。
脚を取りつけるとこんな感じですね。(左脚の写真が無かった....)
a0104699_2265586.jpg


そして、モーター(DURLSKY XM6360CA-10 Competition) の乗せ換えです。
もともとダイレクトタイプのモーターも乗せられるようにしておいたので装着は簡単ですが、ベルトダウンより150g重いので、重心合わせが問題です。できるだけリポを後ろ寄りに積めるように対応しましたが、これ以上後ろに下げるとリポの押さえがペリーパンからできなくなるのでここまでが限界のようです。
a0104699_2264225.jpg

ESCはハイペリオンを使います。
a0104699_2263843.jpg

[PR]
忘れてました
プランク材にエルロンホーン取付用の台座を埋め込んでおくのを忘れました。こんな感じでレーザーカットとされたベニヤがピッタリとはまります。この部分、Super飛燕でちょっと面倒だなと思った部分なので、このようになっていると助かります。
a0104699_2384099.jpg

a0104699_2383765.jpg

ついでなので、ビス受けとなるブロックも貼り合わせておきます。
a0104699_2383241.jpg

そして、カンザシパイプの受けとなるリブの部分です。ベニヤの補強を30分のエポキシで接着し、
a0104699_2382416.jpg

丸くくり抜かれたドーナッツ状のベニヤも貼り付けます。
a0104699_2381753.jpg

カンザシパイプが突きぬけないように、バリサで蓋をしたら出来あがりです。(空気抜きの穴も初めから開いています)
a0104699_238983.jpg

これで主翼組みの前準備は完了かなぁ。

ところでこの機体、リブの前縁が当たる部分のポチが出ています。
a0104699_238545.jpg

これも前縁の接着が楽(正確)になる一つのアイディアのように思います(^^)
[PR]
主翼のプランク材
プランク材の残り部分を接着します。
まずは、紙テープで隙間が無いように仮止めし、
a0104699_232711100.jpg

一気に紙テープで固定します。
a0104699_23283499.jpg

ひっくり返して、接着剤を盛り
a0104699_23291079.jpg

またひっくり返して、接着面を貼り合わせ、はみ出た接着剤をティッシュで拭き取ります。そして綺麗に拭きとれない部分は指の腹でしごいて、垢すりの垢のようにはぎ取ります。
a0104699_2330579.jpg

そして紙テープで固定して終わりです。
a0104699_2332301.jpg

接着剤はタイトボンドを使いました。タイトボンドの容器は、プランク材の接着面にボンドを盛るには使い難いので、100均ショップで買ったケチャップボトル?に移し替え
a0104699_2323930.jpg

先端をV字にカットして使いました。
a0104699_232250100.jpg

これで週末に主翼の組立てが出来そうです(^^)
[PR]
作りだしました
AlWindの製作も終わり、ひと段落ついたのでSuperStgaeEXの製作を開始しました。
まずは主翼ジグの作成です。Super飛燕のジグは2mmバルサでしたのでなんとなく頼りなく使い難い感じでしたが、SuperStageのジグは3mmバルサでしっかりしています。それとジグの平面形を決めるパーツもあるので形がしっかりしています。
a0104699_2324110.jpg

次にスパーの製作です。上面が面一になるように気をつけて接着します。
a0104699_23235591.jpg

こちらは主翼のリブです。かなり肉抜きされていますね。
a0104699_2324416.jpg

そしてプランク材の貼り合わせです。超幅広が1枚、三角形が1枚、前縁部用の長四角が1枚の計3枚を貼り合わせます。バルサの輸入も行っているフライトホビーさんのキットなので、超幅広も1枚物と思っていましたが、普通の幅広が3枚貼り合わせてありました。作る側としては嬉しいことですが、売る側としては結構な手間なのでは?
a0104699_23234845.jpg

この後、前縁部の長方形を貼り付けますが、今日疲れたので終わりにします(^^;
[PR]
霧ケ峰滑空場
昨年の家族旅行で訪れて見た霧ケ峰の滑空場。苦労して出向いた割には1機も飛んでおらずスカタンだった。今年は去年の経験を活かし見学コースから外していましたが、最終日に美ヶ原を回って帰ることになりビーナスラインを走っていたら向こうの方に滑空するグライダーの姿が。やったと思い、急遽予定を変更して霧ケ峰の滑空場へ足を運んでみたところ、3機のグライダーがかわるがわる離着陸を繰り返していました(^^)v

まずはASW-21風の機体です。(実際はなんて機体なんだろう?)
a0104699_22584475.jpg

ウィンチで力強くひっぱられ
a0104699_22583526.jpg

a0104699_22583071.jpg

こんな急角度で上がっていくのですね。
a0104699_22582765.jpg

曳航ロープが切り離され、パラシュートで落ちてきます。
a0104699_22582443.jpg

こちらも機体名は分りませんが、エアーブレーキを使って着陸してくる姿です。
a0104699_22581922.jpg

こちらの機体は何度も離着陸を繰り返していました。練習中? もしかして遊覧飛行? スタート位置まで軽トラックで引っ張られて行く途中です。
a0104699_22584071.jpg


こちらは、あまり良い写りではありませんが離陸シーンの動画です。




一度グライダー(実機)の離着陸を見てみたかったので、ちょっと感動のひと時でした(^^)v
[PR]
家族旅行(2013夏)
今年の夏も白樺湖に出掛けてきました。
昨年の夏に行って見たところ、夏とは思えないほど涼しく、おまけにグライダーを楽しめる場所が近所にあるので(ゲリラですが....)、ちょっと味をしめてしまったと言うことです。今年も昨年同様首都高から中央道で諏訪に向かって言うコースですが、今回は甲府で一休み、桃狩りを楽しんでから向かうことに。朝8時半に家を出て首都高に乗りましたが、朝の通勤ラッシュに重なり高井戸まで約2時間、関越から圏央道を通って八王子に出れば良かった後悔しながらやっとの思いで桃狩り園に到着です(^^; ここの果実園は一人2個までもぎ取りOKで、あとは既にもいで冷やしてある桃をテーブルで好きなだけ食べれます。まぁ、はずれの桃もありましたが大好きな桃を腹いっぱい食べれるのには大満足です(^^)v
a0104699_2158761.jpg

桃狩りを済ませたあとは、宿泊予定のペンションまで向かいます。途中どこかに寄っても良いのですが、まぁ、女房も息子も、車に長く乗っているのが好きな方ではないので.... それに早くペンションに着けば、グライダーも早く飛ばせるし(^^)
っと言う事で、ペンションに着き一休みしたところでフライトポイントに。
ここでAlWindの初飛行です。まずは息子に機体を持たせ記念撮影。
a0104699_21581672.jpg

ついでに自分も記念撮影(^^; (やっと息子がまともに写真を撮れるようになりました)
a0104699_21581293.jpg

東南東の風で、あまり条件は良くありませんでしたが、とりあえず飛ぶことは確認できました。楽しみにしていたバタフライミキシングの効果はバッチリで、フル動作させると少しノーズを上げるため、エレベータのダウンミキシングをもう少し強めた方がよさそうです。あとはモーターのダウン&サイドスラストが足りない感じです。スラスト調整は面倒なのでミキシングで誤魔化すかなぁ...

こちらはペンションの夕食、こんな豪華な夕食を食べるのは久しぶりです。食の細い息子の食べ残しも食べなければならないのでお腹がパンパンです(^^; ホテルとかなら食べ残しも気にしないのですが、アットホームなペンションだとどうも気を使ってしまいます。
a0104699_21582215.jpg

2日目の朝は6時に起床、早朝の高原はとっても涼しく気温はなんと18℃。おかげさまで体がすごく休まります。
a0104699_2158425.jpg

ペンションを出る時に、ちょっと風が強いし、風向きも良くないなぁと思いましたが、せっかく早起きしたのでフライトポイントに向かいます。そしてまた息子に機体を持たせて記念撮影。今回はIris FT1500にしてみました。
a0104699_2158293.jpg

風向きはほとんど南、風速は強い時で5m/sと言う感じ。完全に斜面に向かって吹き下ろしの風なので、飛ばしても面白くないだろうなと思いましたが、とりあえず投げて見ました。景色的には白樺湖方面に向けて飛ばしていた方が気持ち良いので、風下となりますがそちらの方へ.... あれ、モーター回さないと全然戻って来ない(^^; まぁ、当たり前かと言うことで15分程度飛ばして降ろしてしまいました。

この日も16時過ぎにもう一度飛ばして見ましたが、多少風は弱まったものの、風向きはあまり変わらずあまり面白くありません。それでも朝の風よりは良かったので、ちょっと息子に操縦させてみました。家でシミュレーターはいじっているので、スティックの操作はなんとなく解かっています。でも、実際に飛ばすのは厳しいですね。全然飛行機の方を見ていないで、自分の指を見つめています。「ちゃんと飛行機見ろ!」と言うとビクッとして飛行機の方を見ますが、また手元を見ています(^^; そんなことで私が文句ばっかり言っていたら、息子が不機嫌になってきたので、今日のレッスンはこれで終わりです。まだ年齢的に無理がありそうですねぇ。

てなことで、3日目は霧ケ峰の滑空場に向かいますが、そのお話はまた今度。埼玉に帰ってきたら気温がなんと40℃もあり死にそうです(^^;
a0104699_21575845.jpg

[PR]
AlWind
あ~、なんだかブログの更新久しぶりだなぁ~
まぁ、決してサボっていた訳じゃないんだけどね(^^;

ってことで、来週末の家族旅行に合わせてカシオペアのAlWindを作りました。
この機体、原寸図が無くレーザーカットされた部品に合わせて組んで行きます。ってことは、スーパーステージを作る練習になるかと思い、家族旅行も控えていたので急ぎで作ってみました。生地完成まで1週間弱と、自分としては異例の速さです(^^; カットがしっかりしていて、組立て順序が明確になっていれば簡単に作れてしまうと言う証明ですね。でも、胴体の組み立てはやっぱ捩れにすごく気を使いますね。
AlWindの場合は底板に合わせることでおおよそ正確に作れますが、スーパーステージの底板は2面貼りなのでどうやって組むか考えなくちゃ。
a0104699_23371219.jpg



カバーリングはこんな感じ。赤のフィルムがあったと思ったのでパッケージデザインと同じにしようと思いましたが、どこを探しても見つからず、結局オレンジベースにしてみました。まぁ、せっかくキットから組んだのでARFと同じ配色じゃない方が良かったですしね。しかし、生地完成まであっと言う間だったので、気を良くしてパッケージデザインをマネしてみましたが、後になって大後悔、こんなに手間がかかるならARFを買ったほうがよっぽど良かったです(^^;
a0104699_233710100.jpg

a0104699_2337783.jpg


リンケージも終わったところで、重心位置のチェックを行いましたが、ノーズが長いせいか、かなりの前重です。ピュアグラーダーとして楽しむ設計なのかなぁ? テールに錘を積まず重心を合わせるためには、リポは翼の下にもって行かなければなりません。キャノピー部からの積み下ろしだとかなり厳しいので、仕方なく思いきった底面をカットしてしまいました。
a0104699_2337427.jpg

これでリポの積み下ろしは楽に出来ます。(これでも前重なので、テールに少し錘を積む感じかな)

あとは、フラップサーボの蓋を閉めて、ロゴを貼り込んでとりあえず飛ばせる感じです。初のバタフライミキシシングで、モーターのON/OFFもエンコンスティクではなくSWを使ってみます。焦って壊さなければいいけれど........(^^;
a0104699_23575986.jpg

しかし、フィルム貼りが一向にうまくならないなぁ(>_<)
[PR]