ラジコン飛行機のブログです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
外部リンク
最新のコメント
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Super飛燕の重心
ベルトダウンユニットを使うことで割と良い所にくるのでは?と思っていた重心位置ですが、やっぱりかなりの前重でした。このままだと後ろに130gの錘を積むようなので、電池を後ろにずらせるよう電池ベットを作り直します。まずは後ろから2/3程度のところまでカットし、斜め下に落とします。
a0104699_095245.jpg

そして側面を三角にカットしたベニアで塞ぎ、滑り止めシートや固定用のベルクロをセットしました。
a0104699_010176.jpg

電池を乗せるとこんな感じです。これで、指定の重心位置に概ね合うようです。
a0104699_010865.jpg

ここまで出来たので、先送りしていたバスコークの作業です。本来ならもっと前工程でやっておくことなのでしょうが、どうも気乗りがしなくて一番最後となってしまいました。(スポンジにしようと思いましたが、隙間を取り過ぎていてダメでした。) 

バスコークがついてほしくない部分を養生し、ケチらずたっぷりと良く練った(ここがミソ)バスコークを盛りつけます。なぜ良く練るかと言うと、硬化する速度が速くなるからです。チューブから出したままの状態で使うと、硬化するまでに3~4日(寒い時は1週間?)かかりますが、良く練って使うと1~2日で硬化します。
a0104699_0101440.jpg

a0104699_0101845.jpg

この作業、いつも盛りが少なくて綺麗に仕上がらないので(隙間ができてしまう)、今回はいつも以上にたっぷり盛ったつもりですが、綺麗に仕上がるかとっても心配です。
a0104699_0102362.jpg

外にはみ出た部分は、この時点でヘラでカットして置くと(フィレットに沿ってすうっとヘラを走らせておくだけ)硬化した後の処理が大変楽です。
あとはこのまま硬化を待ちます。今回は念のために2日寝かせよう思います.....
[PR]
あともう少し
モーターの故障以来やる気を失せていたSuper飛燕の仕上げですが、無事にモーターが戻ってきたので作業再開です。まずは、モーターの組み込みです。せっかくバラしたので写真を撮っておきました。
a0104699_22291528.jpg

a0104699_22291247.jpg

う~ん、やっぱカッコイイですね(^^)
こちらは機体に積んだところです。
a0104699_2229941.jpg

リンケージもほぼ終わり、あとは重心位置の再確認です。たぶん、Li-poのマウントを改良しないと駄目そうです。
a0104699_2229693.jpg

a0104699_2229229.jpg

[PR]
猿の初飛び
SAL600を早く飛ばしてみたく、とりあえずある物を掻き集めて飛ばせるようにしました。結果、機体重量は51gと少々メタボ気味。まぁ、本人同様減量はこれから考えましょう(^^; 重心は前縁から45%程度です。

で、飛ばした感じですが、グライドテストは少々アップトリムの感じですが、良い感じにグライドしました。が、草の上にソフトランディングしただけで主翼のマウントが剥がれました(^^;

瞬接でとりあえず応急修理し、こんどはディスカスランチにチャレンジ。エレベータはスタートモードで軽くダウンを入れてありましたが、ラダーはどっちに入れていいのか分らなかったのでニュートラルのまま、投げた途端に左ナイフエッジ状態です。なんとか姿勢を立て直してちょっと遠くへソフトランディング。また、主翼の付け根が取れてました。

もう一度瞬接で直してから、ランチ時に右ラダーが入るようにセットして投げてみます。このあと、クルーズ時のエレベータトリムをダウンに入れ、ある程度落ち着いた状態に。じゃぁ、と言うことで、フルランチしたら胴体だけ遠くに飛んで行きました(^^;
a0104699_12265567.jpg

飛ばした感じとしては、ちっちゃい割に座りは良い感じ。エレベータトリムがかなりダウンに入っているので、主翼の迎角が付き過ぎなのかも? あと、ラダーの効きが少し鈍いような? でもちゃんと旋回するからいいのかなぁ....? なんせ滞空時間は15~20秒前後なので、まだ何がなんだかよく分らないって感じ。一応、飛行機っぽい飛びはしています。まぁ、フルランチをかけれればもう少し色々分ってくると思うのだけど.....

あと、せっかく飛ばせる機会があったので、YAK54(EPP)も持っていきました。こちらは快調に飛んでくれましたが、フラットスピンに入れようと思いスロットルを上げたら、プロペラが外れて飛んで行ってしまいました。 高度はあったので、そのまま着陸して無傷でしたが。はぁ~。
[PR]
SALのポット
今日は金曜日の深夜に痛めた腰が治らず会社を休んでしまった.....
午前中病院に行き、いつもの痛~い注射を打ってもたっらた今になってやっと痛みが取れてきました。で、気になっていたSALのポット作りを。先っちょ以外は、100均ショップに売っている物干し竿用の収縮チューブで作ってありましたが、先っちょだけが上手く行かず断念してました。どうしようと考えた結果、玉子のパックなら上手くいくかもと試してみたら、収縮チューブより簡単に出来たので、こいつを切って先っちょに接着、色バランス的にあんまりカッコよくないけど、飛ばすのが最優先です。
a0104699_2252589.jpg

あとは、ホビキンからサーボが届くのを待て組み上げます(^^)v
[PR]
チビ猿
なんだか急にMicro SALにチャレンジしてみたくなり、家にあった材料を掻き集めて作ってみました。まずは作ることが優先で材料の吟味などしていません(^^;

まずは主翼ですが、いろいろな方のブログを読み漁ってみると、6mmのバルサから削り出しているパターンが多いようです。そこでスクラップバルサ入れを探してみたところ6mmの在庫はなし。主翼の材料くらいは買ってくるかと思いましたが、近所の模型屋さんにも在庫がないと言うことで、5mmバルサの前縁側になる前から1/3に1.5mmバルサを貼り付けて削り出すことに。Sキャンバーを付けるにもこっちの方が工作しやすいので、少し重くなるかもしれないけど、まぁいいやぁって感じです。で、削りあげた感じがこんな感じです。
a0104699_2336981.jpg

何かの翼型に合わせたと言うものではなく、なんちゃってSキャンバーです(^^;

あとは、4mmカーボンパイプをテールパイプにして、1.5mmのバルサで尾翼を作ってって感じです。メカルームになる部分は、バルサで型を作り、100均ショップで売っている物干し竿用収縮チューブを使ったり、玉子のパックを使って作っているようです。そんなことで、型になるバルサを削ってはめ込んでみました。
a0104699_233631.jpg


最初はエルロン仕様にしようと思っていましたが、重量超過も気になるので、とりあえずラダー仕様に方向転換。主翼の上半角はモンキチ800を真似て12度にしようと思ったら、結局、13度となってしまいました。まぁ、誤差の範囲でって言うことで(^^;
a0104699_2336126.jpg


各翼には、以前発砲機に貼ろうと思って買ってあった長万部航空機のミクロンフィルムで仕上げてみました。あとはペグを付ければ生地完成?って感じです。この状態での重量は29.9g、受信機、電池、サーボで約20gなので出来あがりが50gってところでしょうか。う~ん、頑張っている人達の機体に比べて10~15g重いみたいだ.....(^^;
a0104699_23361660.jpg

[PR]
帰ってきた~
修理のために本国に里帰りしていたHacker C50ですが、修理が終わり今日無事に戻ってきました。
a0104699_22495222.jpg

結局、インナーローターが割れてしまった原因については何もコメントはありませんでしたが、修理代や返送の送料は一切請求されず無償対応して頂けました。
感謝です。
a0104699_22494954.jpg

届いたモーターですが、バナナ端子の部分が、自分が取り付けた方法と違っていたので、もしかすると新しいモーターを送ってくれたのかも知れません(^^)
a0104699_22494526.jpg

送ったのが3月5日だったので、ちょうど一カ月での帰還です。時間がかかっているので、やっぱり修理したのかなぁ~
[PR]