ラジコン飛行機のブログです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
外部リンク
最新のコメント
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
モーター項目の設定(Futaba 14SG)
いつも思うのですが、フタバのプロポの説明書は解かり辛い.....
次回設定時に訳が解からなくなりそうなので備忘録として書いておきます。
※SW=スイッチ

a0104699_22253432.jpg

①ここで設定したSWがONになっていないとスティック操作してもモーターが
 回らない。また、ここで設定したSWがONの状態でプロポの電源をONに
 すると警告がなる。
②このSWはイマイチ使い方が解からない。プロポの電源を入れ、①のSWを
 ONにしただけではスティックを操作してもモーターが回らない。②を入れる
 ことでスティックの操作でモーターが回る。そして、この状態で②をOFFに
 してもスティックの操作でモーターは回る。とうぜん②をOFFにして①もOFFに
 するとスティックの操作でモーターが回らなくなる。
 取り説では、これをスロットルスティックき割り当てておくことで、プロポの
 電源を入れ「SW」をONしただけではモーターは回らず、一度スティック操作を
 した後は、最スローの位置でもモーターを回しておくことができると説明して
 あるが、(スロットルカーブのポイント1でプロペラが回る設定にしておくよう)
 どうも利用シーンがイメージできない。エンジン機のペラがアイドリングで
 回っているイメージ?
③①で設定したSWをOFFにしたさいのスロットルポジションだと思う。+100で
 最スロー。ちなみに画像では「オフ」と出ているが、これは「SW」で設定した
 SWがOFFポジションにあるため。設定は、スティックをモーターオフにしたい
 場所にして「RTN」を1秒以上押すことで設定できる。


a0104699_22253156.jpg

①この項目を選択すると、②で示したように三角マークが2つ現れる。この
 マークがスティックを動かすことで上下に動く。(2/2画面で設定するインと
 アウトにも関係) ちなみにモーターでの設定値が+100の時、三角マーク
 がこの位置になる。


a0104699_22252745.jpg

①スティックを上下(スロットルの開け閉め)した際に、その操作をディレイ
 「させる」か、「させない」かを設定。「させる」場合はINH以外にする。
②ここで設定した内容を、プロポの電源を入れた直後だけ機能させる場合
 ONにするみたい。この設定も利用シーンがイメージできない。
③スロットルディレーを設定する際に、その範囲を2つの領域に分けて設定
 できる。赤枠で囲んだ部分は、1の範囲が白抜きで、2の範囲が塗りつぶしで
 示した部分だと説明しているだけ。その割り振りの変更は、左下にある「+0」
 で表示されている部分で調整する。(この数字を変えると、右で示している
 1と2の領域配分が変わる)
④「イン」はスロットルを閉める(スティックを下げる)ときのディレー具合を
 設定する。
⑤「アウト」はスロットルを空ける(スティックを上げる)ときのディレー具合
 を設定する。
※④⑤で設定した内容は、前の画面で説明した三角マークの動きで確認できる。


a0104699_2375029.jpg

3種類のスロットルカーブが設定できる。

ちなみにモーターモードを利用する場合は、ファンクションで3番を「MOT」に設定する。設定する際に、リバース設定にするかと問いかけられるので、「ハイ」と答えれば良いみたい........
[PR]
バグだがに~
14SGのスロットルカーブが機能しない件、2/7に出たソフトウェアアップデートを適用したら機能するようになりました。はぁ~(^^; 

でも、下4コマが反応しないのは変わらない......
[PR]
プロポとESCの設定
プロポはFutabaの14SG。
ESCはJETI SPIN pro 99 OPTO。
SPINの設定は、FIX INITIAL POINTに1.14ms、END POINTに2.06ms、AutoInc END POINTはOFF。

この設定で、プロポのスロットスティックを動かしてみると下4コマ位が反応しません。(モーターが回りださない) FIX INITIAL POINTはこれより小さい値にすると電源を接続したさいのビープ音がでなくなるのでここが限界? 試しに逆に1.20msとかにして行くと下6コマ位まで反応しなくなるから、Low側の設定値はこれであっていると思う。

これ以上、ESC側での設定ができないと思うので、スティック下側でもしっかり反応させるために、スロットルカーブの調整を試してみたところ、ポイント0のレートを上げていってもモーターが回りださない。あれっ? これって変だよね? なんで......? 試しにESCの設定は変えず、プロポを8FGに変更したところ、下4コマに反応しないのは変わらないが、スロットカーブには反応した。えっ、えっ、え~、14SGがおかしいの? そこで、ふとFASSTest12モードにESCが対応できないの?と思い、 FASSTest14モードに変更してみても状況は変わらず。

もー、だめ! どうしていいか判らない........

ちなみにエンドポイントの値を少なくして行くと、モーターが回りだすのでエンドポイントは生きているんだなぁ。でも、この対応だと一度電源を切るとESCを認識しなくなる。きっとFIX INITIAL POINTの設定を変えないとだめなんでしょう.....

はぁ~、寝て頭をクリアーにしてから考えよう(^^;
[PR]
JETI SPINの設定
JETI BOXを使って SPIN pro 99 OPTOの設定を行ってみました。
設定できる項目が多く、どう設定して良いのかよく判りません(^^; mamuさんに頂いた情報をもとに、こんな感じかなぁ~ってところで設定しているので、間違えを見かけたらご指摘お願い致しますm(_ _)m
a0104699_032511.jpg

・Temp Protection
 アンプの最大温度の設定で、アンプが高温になった場合にカットオフする温度の
 設定です。90度にセットしてみました。
・Dead Time
 モーターオフからブレーキが利き始める時間が設定できるようです。0.0秒にして
 みました。
・Initial Brake
 効き始めのブレーキ量ってことなんですが、う~ん、判らない.... 2%になって
 います。
・End Brake
 最終ブレーキ量と言うことで、mamuさん情報に合わせました。
・Brake Speed
 ブレーキの利き始めから、最終ブレーキまでの時間と言うことです。0.1秒に
 セットしました。
a0104699_032257.jpg

・Timing
 こちらもmamuさん情報にあわせ0度です。
・Frequency
 モーターの周波数? 8KHzにセットしました。
・Acceleration
 ストットルレバーはスローからハイにしたときの追従速度のようです。プロポで
 ディレイをかけるので、0.2秒(最小値)にしました。
・Li-XX Cut OFF
 1セル当たりのカットオフボルトの設定と言うことで、3.0Vにしました。
・Cut OFF
 カットオフが働いた時の動作です。Hard(ただちにモーターの回転が下がる)に
 しました。
a0104699_0315916.jpg

・Initial Point
 この辺りがよく判りません。スロットルのHi/Lowポイントの設定のようですが、
 とりあえずAUTOにセットしましたが、プロポの設定方法によって固定値にした方が
 良いのかも知れません。
・End Point
 AUTOと言う設定がないようです。デフォルト値(1.80ms)のままです。なぜmsと言う
 単位なのでしょう?
・AutoInc END Poin
 信号幅を超えた場合、フルハイの位置を拡張するか、しないかなと言う設定と言うこと
 です。よく判らないのでON(デフォルト)を選択しました。
・Throttle Curve
 プロポ側の機能を使いので、Linearにしておきます。
・Start-up Power
 なんだかよく判りません。AUTOのままにしてあります。
・Setting th. R/C
 なんだかよく判りません。ONのままにしてあります。
a0104699_0315472.jpg

・Motor Pole No
 ヘリ用の設定項目のようですが、2ポールを設定しました。
・Gerr
 こちらもヘリ用の設定項目ですが、今回ベルトダウンなので6.7:1を
 セットしました。
・Set MaxRotor RPM
 ヘリ用の設定項目ですが、デフォルト値が2000回転とかだったので、いちおう
 7000回転にセットしました。
・Set MinRotor RPM
 最小値の1750回転のままです。
・Sensitivity
 ヘリ用の設定項目のようですが、デフォルトのまま04です。
・Autorotation
 オートロの設定のようです。デフォルトのままOFFです。

これ以外の設定項目はデフォルトのままです。
飛行時のデータを後で見たいのでギヤの設定をしましたが、この辺りの設定はしちゃっていのかなぁ~?
















 
[PR]
ベリーパン
う~ん、美しくない.....
a0104699_23465321.jpg

a0104699_23465052.jpg

写真で見るとあまり目立たないけど、ベリーパンと胴体が組み合わさる部分の仕上げがぁ..... まるで直線がでていません。こういうところ、上手な方達はどうやってあわせるのだろう? 誰か教えて下さい(^^;

とりあえず左の排気管だけ付けてみました。
a0104699_2346435.jpg

a0104699_23464648.jpg


こちらは尾翼のカンザシパイプ。ビスの利きがよくなるように9mmのバルサ丸棒を埋めてあります。
a0104699_235357.jpg

[PR]
スポンジテープ
水平尾翼の胴体にあたる面にスポンジテープを貼りました。
a0104699_22482573.jpg

最近では、主翼との取り付け部もバスコークを使わずにこのテープを使うようですが、情報入手が遅すぎました(^^; 確かバスコーク用の隙間を約2ミリとったハズなので、もしかしたら問題なく使えるかも......

で、尾翼のセットをしてしまおうと思ったら、アジャスター部分に差し込むカーボンのアダプターチューブが見つかりません。塗装時に無くしてしまうと困るので外しておいたのですが、誤って捨ててしまったようです(T_T) そう云えば、なんでこんなところにカーボンパイプの切れはしがあるのか~って思い、ゴミ箱にポイっとしたような記憶が蘇ります。なんでも捨てずに取っておく性格なのに魔がさしたのでしょう.....
a0104699_22482980.jpg

[PR]
仕上げのクリアー
あれ? ブログ更新するの1ヶ月ぶり? 別に忙しかった訳ではないのになぁ~
さてさて、待ちに待った独り身の時間がやっと訪れました。このチャンスを逃しちゃならんと、段取りと仕上げのクリアー作業を行いました。風が強く、気温も低かったのですが贅沢は言えません。悩みに悩んだ最終仕上げですが、どうみても鏡面仕上げにするには下地が悪いので、飛燕と言うこともあり、今回は半艶消しで仕上げることにしました。

諸先輩の教えを守り、クリアー塗料を塗料用のストレーナでこしておきます。
a0104699_22522643.jpg

こんな感じに仕上がりました(^^)
a0104699_22521487.jpg

迷彩柄にできた色むらは、半艶消しにしたことで多少目立たなくなったのですが、やっぱり雑に塗ってしまったのが目立ちます。0.3ノズルのエアーブラシで色付けしたのも敗因なのかも? 0.5ノズル辺りなら良かったのかな.....

今回、塗装の段取りはフライトホビーのテクニック編で紹介されていた3Mのスポンジ研磨材をつかいましたが、使い易くてなかなか良かったです。今までは、この段階になると水研ぎでしたが、このスポンジ研磨材は空研ぎができます。ただ、思ったより粉が出て部屋の中が凄い状況になってしまいました.......(失敗)

ついでに機体スタンドにもウレタンクリアーを吹きました。こちらは普通のクリアーです。
a0104699_22523427.jpg

出来あがりはこんな感じ。下塗りとネーム入れに水性塗料を使いましたが、1回目のクリアーを薄く吹いたおかげか、縮れ等は出ずにすみました。良かった良かった。今度は飛行機にも使ってみようかな.....(重量増加を量らなかった)
a0104699_22522919.jpg


そう云えば、塗装のチャンスを待つあいだ暇な時間があったので、引込脚のリンケージだけ済ませておきました。
a0104699_22524893.jpg

a0104699_2252452.jpg

a0104699_22524294.jpg

引込のリンケージをしたのなんて何年振りだろう.......
[PR]