ラジコン飛行機のブログです
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
外部リンク
最新のコメント
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
下地塗装の開始!
機体が大きいため、今までのように適当な台を使って塗装するのは辛いと思い(腰も痛くなるしね)、ホームセンターで工作台なるものを買ってきました。(1280円) これに100均ショップで買った部材を組み合わせ塗装台の完成です。
a0104699_23193228.jpg

機体を乗せるとこんな感じですねぇ。
a0104699_23192355.jpg


さて下地塗装ですが、ウイングクラフト イナガキの稲垣さんに聞いたところ、タルク入りのサフェーサーサンディングシーラーを塗る前に、いちどシャブシャブのクリアウレタンを塗っておいた方が絶対に軽く仕上がると言うことで、設計者のアドバイスを尊重しその手順で作業を進めます。
a0104699_23192038.jpg

乾いたところで#240のペーパーで全体をサンディング、そしてタルクをごっぽり入れたサフェーサーサンディングシーラーを塗ります。今回、軽量タルクも用意してあったのですが、いろいろな方から頂いたマイクロバルーンがどっさりあったので、少しでも軽く仕上がることを願ってマイクロバルーンを使いました。フライトホビーの下地セットに付いてくる配合通りに用意しますが、タルクとマイクロバルーンは重さがかなり違うので目分量で同程度の量を混ぜました。サフェーサーサンディングシーラーとタルクを使った仕上げ方は初めてですが、こんなに濃い物を塗るのかとビックリです。容器にたれた液材を見てもその濃さが判ります。
a0104699_23192998.jpg

ここまで濃いと、主翼にできてしまったプランクの凸凹(接着剤が乾いて引っ張ってしまったところ)も、この作業で平らにできてしまいそうです。
a0104699_23192714.jpg

今日は主翼を塗ったところで時間切れ、ずいぶん暗くなってきたのでここまでで作業はおしまいです。明日は早朝から胴体に下地材を塗り、乾くのを待つ間に主翼のサンディングを行います。

【塗装前の重量】
・胴体 : 913g
・主翼 : 638g
・尾翼 : 133g

【一回塗り後】 → クリア+マイクロバルーン入り
・胴体 : 941g(+28)
・主翼 : 675g(+37)

【絹貼り前】
・胴体 : 948g
・主翼 : 678g
・尾翼 : 143g

※脚 → 99g
[PR]
しまった(^^;
とりあえず当初から予定していたDUALSKYモーターで飛ばそうと思っていたSuper飛燕ですが、50プロダクトのFタイプが届いてしまったので、重量的な観点からもこちらを使わなきゃと言う気持ちが強くなりました。そこでさっそくエンジンマウントの見直しを行いました。

届いたときに確認しましたが、少しエンジンマウントを削らないと収まりません。削る部分をエンピツでけがきました。
a0104699_2321145.jpg

さて、ここから何で削るかが問題ですが、小型のパネルソーを使ったら思いのほか簡単に削れました。(削り口が汚いので、後ほどヤスリで仕上げます) 
モーターを載せた状態です。
a0104699_232818.jpg

ここではたと気がついたのですが、エンジンを使う場合は、ここにマウントが取り付けられるのでこのままだと推力線が1センチほどずれてしまいます。「しまった!」って感じです。1センチ嵩上げする方法を考えなければ.......(^^;

ところで、明日は女房子供が実家に戻るので、下地塗装を開始するチャンスです。天気も悪くなさそうなので、最終的なサンディングを行って1回目の下塗りを開始する予定です。

















 
[PR]
進水式
今日はLOWGUNSレガッタクラブの走行会。
私は午前/午後と会議が詰まっていて顔を出せませんでしたが、私に代わりK様がハーバーボートの進水式を行ってくれました。(ラジコン親父さんとfatcatさんに写真を提供してもらいました)

なかなか良い感じで浮いています。
a0104699_21143578.jpg

さっそく遭難したヨットがいたようで、颯爽と救助に向かいます。
a0104699_21143187.jpg

無事に救助できたようです。しっかりヨットを曳航しています。
a0104699_21142870.jpg

曳航中の船長達です。なんだか楽しそうですねぇ~
a0104699_21141567.jpg

今日も楽しい一日だったようです。
a0104699_2114253.jpg


う~ん、早く自分で走らせてみたい! 走っている姿を見てみたい!!
[PR]
ハーバーボート 完成!
ハーバーボートが完成しました(^^)
a0104699_14454193.jpg

a0104699_14454422.jpg

元箱が運搬用に便利そうです(^^)v
a0104699_1445484.jpg

お風呂で前後に動かしてみましたが、なんか良さげな感じです。
秋の水上機まで水辺に行く予定がないので、進水式はK様にお任せします。
[PR]
どんな浮き具合?(2)
昨日の深夜、女房が寝静まったの確認してからハーバーボートをお風呂で浮かべてみました。
a0104699_21284563.jpg

現状だと少し浮き過ぎの感があります。そこで480gのシャンプーボトルを載せてみると
a0104699_21284811.jpg

良さげな感じに近づきました。そこで、さっそくもう一度100均に行ってセメントを追加購入してきました(^^)v


てなことで、錘を追加した結果です。
a0104699_1413973.jpg

まぁ、こんな感じかなぁ(^^; 
本当はもう少し後ろが重い方がいいような気もする.......
[PR]
セメント詰め
ハーバーボートを改造した方のブログを見ていたら、錘としてセメントを詰めていると言うことでしたのでマネしてみました。

100均ショップで買ってきたセメントです。これで700gあります。
a0104699_22292883.jpg

たぶんこれでは足りないと思うので、バランスを見ながらもう少し積む予定です。
a0104699_22293243.jpg

[PR]
ハーバーボートのその後
Super飛燕の製作が滞っている間にボレロを仕上げてしまおうと思っていましたが、最近ヨットレースで盛り上がっているLOWGUNSSメンバーのために少し貢献しようかと、水上機の救助用に使おうと思っていたハーバーボートの仕上げを先に済ませてしまおうと思います。

まずは甲板を外したところです。
a0104699_2357314.jpg

この船には放水機能が付いているので、艇体の真ん中に貯水タンクがあります。この部分は後で蓋を開け、錘となるセメントを流し込む予定です。

標準でついていた380クラスのブラシモーターを外し、京商のCALIBER400付いていたストックモーターに載せ替えました(新品)。本当はブラシレスにしようと思ったのですが、バック機能が付いているアンプを持っていないことに気がついたので諦めました。アンプはFutabaのMC210CBと言う、10年以上前の30A FETアンプです。
a0104699_2357228.jpg

a0104699_235719100.jpg

ラダー用のサーボは、標準のサーボもどきが付いていた場所を利用し、端切れのベニヤでマウントを作り搭載しました。
a0104699_23572711.jpg

a0104699_23572575.jpg

と、ここまでは良かったのですが、甲板を閉めてみたら、ラダーのリンケージがぶつかります。マウントを少し下に下げないといけないようです(^^;
[PR]
ボレロのモーター
Super飛燕の製作は一休みして(下地塗装できるチャンス待ち)、止まっていたボレロを仕上げちゃおうかなと思ってます。そこで、今日はモーターをマウントしてみました。ボレロのモーターはダイレクトよりギヤダウンが良いと言うことで、とりあえず手持ちで持っていたギヤダウンを使ってみます。モーターはホビキンのインナーローターで(車用?)、KV値は2260です。ギヤダウンはスパーが45Tで、ピニオンはとりあえず16Tがついています。(ギヤ比2.8:1) ピニオンはこの他に11,14,15Tと持っているので、回してみて良さげなのを探して見ます。
a0104699_2324149.jpg

標準のまま取り付けると、モーターカンが胴体に当たってしまうので、12mmほど前に出しました。
a0104699_23241792.jpg

a0104699_23241998.jpg

これから主翼のフィルム貼りです。
[PR]
体重測定(1)
ほぼ生地完成と言うことで、体重測定をしてみました。(台風でヒマなんで)

胴体 : 982g
主翼 : 651g
水平尾翼 : 135g(カーボンカンザシ込み)
ペリーパン : 67g
キャノピー : 91g(いい加減なカット状態)

これらの合計が1926gです。

まだ荒削り状態でパテも落としていないので、けっこう軽いのかなぁ?
塗装を始めると、どの位増えるのか楽しみです(^^)

あっ、ラジエターを忘れていた。
ラジエター : 42g

これで合計1968gです。

このまま行くと、飛行重量は約5Kg?




































 
[PR]
下塗りの準備
生地完が少し見えてきたので、今日は主翼を塗る際の補助具を作ってみました。
a0104699_2027551.jpg

この機体は、今は珍しい引込脚仕様なので、その取付部利用して自立できる脚を作りました。これで裏面を塗り終わったところでひっくり返し、表面塗りあげることができます。
a0104699_2027138.jpg

a0104699_2026569.jpg

[PR]