ラジコン飛行機のブログです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
外部リンク
最新のコメント
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
主翼(2)&胴体
ボレロの製作が順調に進んでいるのですが.......
あちゃ~、主翼のプランクを定板の上で接合し、サンディングをしたあとにバルサ屑を吸い取ろうと掃除機をかけた瞬間にプランク材の一部が掃除機に吸い取られてしまいました(T_T)
a0104699_0231680.jpg

あわてて手元にあった1mmバルサで修復です。
a0104699_0232139.jpg


仕方ないので接着剤が乾くの待つあいだ、胴体の製作に取り掛かりました。
まずは中央部分をハシゴ状に組み立てます。
a0104699_023409.jpg

そして側板を貼り合わせ。
a0104699_023466.jpg

上部と下部は別々に作り、あとから先に作ってあった中央部分と結合します。
a0104699_0234972.jpg


プランク材の接着剤が乾いたので、プランク作業を開始します。プランクの方法は、前縁を中心に上面と下面に巻き込むように貼りつけますが、ねじれの調整があるので、マスキングテープで仮止めし、塩梅のいところで瞬間接着剤を流し込みます。
a0104699_023347.jpg

あっ! 中央の二重プランク部分に木工用ボンドを塗っておくのを忘れた。もう、どうしよも出来ないので、隙間から瞬間接着剤を流し込んでおきました。
[PR]
主翼(1)
今日は朝からの雨模様。二式水戦の塗装仕上げを進めるわけにもいかないので、ボレロの製作を進めました。ハシゴ状に組み上げたスパーに、各リブを差し込み、後縁材→補助スパー→中央リブ→前縁の順で組み上げます。そのあと、半リブを差し込んで骨組みの出来あがりです。
a0104699_235193.jpg

ここまで終わったところで、後縁プランクを貼付け、中央の二重プランク張りまで済ませました。
a0104699_2351511.jpg

後縁プランクが終わったところで、後縁の直線をチェックしましたが、今回も波打ってしまいました。この手の薄い後縁をもつ機体を私が作ると、必ず直線が出ないで波打ってしまいます。L型のアングルを使って気を使いながら組むのですが、一度も綺麗な直線になったことがありません。(特にグライダーの後縁) なにが悪いのか、自分では良く判りません。誰か思い当たるところがあればコツを教えて下さい。
a0104699_2351511.jpg

さて、このキットですが、レーザーカットを一切利用していません。なのに恐ろしく正確に各部品がカットされています。スパーにもリブがささる溝がきちんと掘ってあり、ピッタリ部品がはまります。なんだかプラモデルを作っているようです。って言うか、出来の悪いプラモデルより確実に綺麗に各部品が組み合います。レーザーカットではではないので、木口に焼けた跡がなかったり、バルサシートから部品を取り外すようなことがなくて非常に好感がもてます。
[PR]
2011年 秋の水上機(西湖)
※当日の写真は、こちらをご覧ください!

秋の水上機は毎年雨の心配がつきまといます。今年も家を出るときは土砂降り状態でしたが、天気予報と毎年の幸運を信じて出発しました。5時には家を出て、途中、人間と車の燃料を補給、6時半には中央道の谷村SAに到着と言う感じです。雨は相模湖の辺りでは止んでおり、今年もラッキーって思っていたのですが風が強いのが気になります。まぁ、前日も風が強かったけど昼前にはおさまっていたなと楽観的に考え、西湖に向かい到着したのが7時過ぎだったと思います。さっそく車を降りて風と湖面の確認をしましたが、北西の風が強く湖面は荒れた状況です。それに加え、台風15号の影響か?水位がずいぶん上がっています。ふだんテーブルや椅子を出してくつろいでいる場所も、写真の通りの状況です。前日、RCTECHさんから長靴が必須と云う連絡を頂いていたので助かりました。
a0104699_22124780.jpg

8時にはmamuさんも到着し、新作機の披露をしながら波風のおさまるのを待ちましたが、9時になっても状況は変わらず、これ以上の好転はないだろうと二式水戦の初飛行にチャレンジです。

結果はおかげさまで大成功! 波と風にあおられて5メートルも走らないうちに離水し、安定した姿勢で空高く昇っていきます。トリムはエルロンが左に6ポイント、アップに4ポイントと云うところです。mamuさんにアドバイスを頂き、出来るだけ風上にむけてターンをするために八の字旋回を続け、少しなれたところで宙返りとロールを試しましたが、何の不安もなくこなしてくれました。

2回目の飛行は飛んでる姿を写真におさめたく、ペラをMaster Airscrewに変更しmamuさんに飛ばして頂きました。
a0104699_22203837.jpg


風と波は昼になってもおさまる気配をみせず、小型機で参加されたみなさんは苦労の連続、波で飛ばされ風でひっくり返されって感じです。
a0104699_22351668.jpg

二式水戦も自然の力の洗礼を受けました。
a0104699_22353989.jpg


ここからは、動画を披露させて頂きます。
<ICON A5>




<二式水戦>


【備忘録】
・フラップのダウンミキシングが足りない。→2段目は増やしたがテスト未実施。
・エルロンケーブルの目印をつけ忘れた。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
※当日の写真は、こちらをご覧ください!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
[PR]
動力の結果
初飛行を終えたところで、二式水戦に使った動力のまとめをしておきます。

まず、使ったモーターはHyperionのZS4025-10(505KV)。Li-poは、HobbyNetのPower-MagicX 5セル5200mAです。プロペラは、Master Airscrewの14x9(3-Blade)とAPCの15x8Eを試してみました。結果はこんな感じです。
a0104699_2192678.jpg

表の一番後ろに出ている数字は計算上の静止推力です。飛ばしてみた感じは、APCでは充分の引きを感じました。宙返りでも良く引きますし、ロールをしていても不安感がありません。なかなか良い感じです。Master Airscrewは、自分では飛ばしていないので感じが良く判らないのですが、mamuさんがいろいろな曲技を試していたので悪くはない感じです。はたからみた感じではAPCより少し非力な感じでしたので、数字が示す通りと云う感じです。スケール機なので、スタントを行う訳ではありませんし、見た目の雰囲気は3枚ペラの方が実機ぽいのでMaster Airscrewを使っていこうと思います。

さて、この機体の重量ですがLi-po無しで3260gでした。これにLi-poを積むとおおよそ4000gとなります。計算上の静止推力は、気持ちよく飛んだAPCの15x8Eで3430gですので、機体重量の85%程度の静止推力があればスケール機として気持ちよく飛ぶと云うことになりそうです。まぁ、1機のみのデータなのでなんとも言えませんが、前投影面積の大きなこの機体でも満足できる飛びなので今後の基準に出来ると思います。電力と云う点から見てみると、4000gで1100Wなので、1Kg→275WでOKと云うことですね。
a0104699_2139307.jpg

[PR]
とりあえず速報です
二式水戦の初飛行、おかげさまで大成功です!
a0104699_2271571.jpg

a0104699_2272294.jpg

a0104699_227195.jpg

こちらが飛んでいる様子です。





一度は参加を諦めたmamuさんでしたが、頑張って出向いてくれました。
初飛行のICONです。
a0104699_227654.jpg

a0104699_2271172.jpg


Xペラ採用のスプラッシュ
a0104699_2272527.jpg






RCTECHさんも参加です。
a0104699_2272854.jpg




N川ボスの機体は、写真を撮れませんでした。


[PR]
今度はこれ作ろ!
二式水戦がひと段落ついたので、今度はBoleroを作ろうと思います。
a0104699_221678.jpg

Denkadoの角倉さんには、私が中学生の頃にお世話になっており、一度、ご本人が設計した機体を飛ばしてみたいと思ってました。今回は、ご縁があって入手出来たのでハリキッテ作ってみようと思います。

さて、これはスパーを組んでいる写真です。
a0104699_2216818.jpg

これまでの概念とは、まるで違う組み方です。まずはハシゴ状に組み立ててから、リブを差し込んでいくようです。時代の進化を感じます.....
[PR]
仮完成!
とりあえず飛ばせる形になりました!
a0104699_2239308.jpg

a0104699_22352280.jpg

今週末はこれで飛ばしてしまします。

懸念してしていたプロペラですが、14インチだとこんな感じ。
a0104699_22352620.jpg

15インチだとこんな感じです。
a0104699_22352858.jpg

まぁ。15インチでも問題なく使えそうですが、雰囲気ってなこともあるので3枚ペラも試してみたいと思います。
[PR]
バスコーク、失敗しちゃった。
胴体の白が吹き終わったので、ここでバスコークをしちゃいます。グレーまで塗っていると、絶対に来週末まで間に合いません。
DIYショップ等で梱包に使うノリ無しのラップテープを主翼に貼り付け、バスコークをたんまり盛って胴体と合体します。この時に、バスコークを一度紙等の上に出し、エポキシを練るようによく練っておくと硬化する時間がまるで違います。
a0104699_2156247.jpg

a0104699_21555936.jpg

これで一昼夜寝かしておけばOKです。

っと、その予定だったのですが......
ここのところ、気温が低くなっているせいもあってか、塗布後22時間位してから主翼と胴体を離してみたら、まだ一部固まっていないところが...... ガッカリです。
[PR]
His name is Curt
二式水戦のパイロットが決まりました。
マトリクスの1/6日本兵を見てきましたが、なんとなくスケール感が合わないような感じだったので、隣に控えれいたMr.Curtに任せることにしました。まぁ、レストアした機体のパイロットって感じですかね(^^;
a0104699_2250387.jpg

a0104699_22501063.jpg

写真に撮ると結構リアルな感じですね。

さて、秋の水上機になんとか間に合わせたく、出来る作業をどんとん進めています。着々と作業は進んでいて、主翼のエルロンリンケージとフラップのリンケージが終わりました。
a0104699_22495469.jpg

a0104699_2249512.jpg

フラップを目一杯さげてところですが、思ったより角度が取れませんでした。まぁ、フラップなしでも綺麗に降りてくると云うことなので問題なしってことにします。それよりも、ホビキンの500円もしないサーボを使ったら、まるでトルクがありません。もしかしたら、風圧で降りてこないかも.....(^^;

エンジンカウルもビス止めしてみました。エンジンに合わせてくり抜かなくていいので楽チンです。
a0104699_22495733.jpg


t頑張って作業を進めていますが、胴体の塗装は間に合わないと思うので、白い下地のままで飛ばす予定です。今のところの、予想完成重量は電池込みで3850gってところなので、エンジン機に燃料を積んだよりは軽くなる感じです。
[PR]
CANADAIRの重量
モーターの選択をするのに、全体重量がどの位になるのか知りたくて全てのパーツの重量を量ってみたところ、機体だけで3909gでした。カタログに重量4Kgと書いてあったのは、エンジンも何も付けていない状態での重量のことだったのですね(^^;

さて、そうなるとサーボをS3003やS3151と云う廉価版を使ったとして6個で270g。アンプは70Aクラスだと、2個で130gってところかな?。アンプはOPTを使うつもりなので受信機用の電池が90g。これに受信機等を入れると大よそ510gってところになるなぁ。ってことは、ここまでで4420gって感じですね。

モーターは、1000~1200Wクラスにしたとすると1個300~350g程度。Li-po5セル5000を1本で対応できたとすると600g前後なので合計で1250gです。本当にザックリだけど、全装備で6Kgって感じになるんだ..... ちなみに、他の方のブログを拝見したら。OSの56を2発で6300gとなっていたので、だいたいどっこいの重量になるようです。

動画で見た、すでに電動化しているCL-415のブログを発見したのですが、スペイン語?ポルトガル語?のようで何がなんだかわからない(^^; でも、モーターはホビキンのTGY AerodriveXp 46 SK Series 50-55 580Kv / 1580wを6セル(2650x2)で使っているようです。ペラのサイズや電流値も判ればよかったのですが、読み取れませんでした。だれか、読み取れたら教えて下さいm(_ _)m
[PR]