ラジコン飛行機のブログです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
外部リンク
最新のコメント
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
今年はここまでかなぁ
FLASHの胴体カポット主翼下編です。
a0104699_042058.jpg

a0104699_041587.jpg

こんな感じになるのですが、どうやって固定するかまだ考えてないですぅ(^^;
最近、息子が昼寝をしなくなってしまったので、作業時間が今まで以上に取りにくくなってます。年末で、やらなきゃならないことも多いですし。今年の作業は、これで終了かなぁ~って感じです。

みなさん、今年もいろいろお世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。
[PR]
動力の検討
二式水戦に使うモーターを考えなきゃなりません。
まずはプロペラのサイズですが、フロートとのクリアランスを考えると、16インチだと隙間が1センチ程度となってしまうので、15インチが限度かなと思ってます。15インチを条件にカタログで探してみると、E-MAXのGT4020/07辺りがよさそうです。
そこで、ここに記載されているスペックがどの程度信頼出来るのか、EXTRA330Sに積んだE-MAX GT4030/06の体力測定を行って見ました。(同サイズのプロペラを持っていないので、大体でしか判りませんがぁ) 結果は、以下の通りです。
a0104699_1025436.jpg

実は、このモーターを二式水戦に使えれば、新しいモーターを買わなくてもいいなぁと云う期待もあってのテストでしたが、15x10では静止推力が2800gしか得られなかったので厳しいようです。カタログスペックとの比較については、17x8で56A 6200RPM 4900gとなっているので、それほど誇大表示ではないのかも知れません。15インチと16インチを実測した差が静止推力で800g違うので、17インチを使った場合、4900gは出ないとしても4300とか4400gとかになるのかと思います。

てなことで、GT4020/07が15x8で60A 7400RPM 4600gなので、このモーターを使えばバッチリ行けると思います(^^)
[PR]
突然ですが....
これ作ります(^^)v
a0104699_0254936.jpg

テトラの二式水上戦闘機(90)です。
もちろん電動で挑みます。
発売された時から、いつかは作ってみたいと思っていましたが、ある日の通勤電車の中、急に作りたくなってしまい実行に移してしまいました。しかし、なんで水上機ばかり作り集めているのだろう.....(ツインマリナーも控えているのに)

まず、気持ちが変わらないうちに主翼骨組みの組立てです。
a0104699_0254614.jpg

今日のところは、こんなもんで終了です。
少しずつ、時間をかけて作るつもりです。まずは、FLASHを完成させなければならないので.....
a0104699_025436.jpg

[PR]
この考え方であってるのかなぁ....
前回投稿の続きです。
APC11x5.5Eを基準に、それより重たいペラを付けると回転が落ちてしまい、電流が上がる分だけ無駄な電力を使っていると考えたのですが、そうでもないのかも知れません。

プロペラが1回転で進む距離を現したのがピッチなので、以下のように考えてみました。(スリップ等は考えず、同じダイヤのペラを使った場合です)

①11x5.5の場合、
 5.5x8800RPMx2.54(センチ換算)/100(メートル換算)=1229.36メートル/1分
②11x7の場合、
 7x8150RPMx2.54(センチ換算)/100(メートル換算)=1449.07メートル/1分
③11x8の場合、
 8x7900RPMx2.54(センチ換算)/100(メートル換算)=1605.28メートル/1分

この考えがあっているなら、1分間に進める距離が11x8を使った時が一番伸びることになるので、飛行機の機速が上がることになります。決して電流が上がった分無駄な電力を使っている訳ではないのですね。

本来なら、飛行場へ行って飛ばして見たフィーリングで決められればいいのですが、家庭の事情もあり、今はあまり飛ばせない状況です。飛ばしに行けないとストレスを発散する機会がなくなり、いつ飛ばせるか判らない飛行機を何機も作ったり、机上で色々馬鹿なことを考えたり.... これに付き合わされている方には申し訳ないなと思いながらも、自分のコンディション維持のために走り続けている次第です。

これからも、つまらない戯言にお付き合いして頂けるようお願い致します。
[PR]
モーターの体力測定2
TURNIGY SK3548-1100(1100KV)の体力測定を行ってみました。
結果は以下の通りです。
a0104699_2055122.jpg

(表内のKVは、回転数を電圧で単純に割ったものです)

先日ご紹介したサイトに出ていたデータより、下回った結果となっています。
回転数を稼げたのが、APC11x5.5EやXOAE11x5です。それよりも重いペラだと電流値が上がり、電圧が下がって回転数が落ちてしまいます。Li-poの底力がないのか、このモーターはこんな物なのかと言ったところです。ちなみに、使ったLi-poはPower-MagicΛの3S3500mA(35C)で、ECSはHyperionの80A(OPTO)です。静止推力が測れていないので、どこかで同じサイズのペラを回したデータを探してみようかと思います。11インチで、ピッチを深くすると回転数が下がってしまうので、電圧電流が上がる分だけ無駄に電力を使っているように思えます。このモーター、どうなんだろう.....

近日中に、HyperionのZ3025-8も同じ環境でテストしてみる予定です。

※追記 Li-poは温まっている状態ではなかったので、温めてあげるともう少しパワーが出るのかも?

※追記(その2)
 Hyperion Z3025-8(970KV)で測定してみました。
 結果 : APC 11x8E 43A 9.1V 7000RPM
 まったくのイコールコンディションではありませんが、この結果からすると
 TURNIGY SK3548-1100を使うのが良さそうです。
 スロットルを開けた瞬間の電流が、56Aまで上がるのも気になります。
 【補足】
  SK3548-1100が9.8Vで7900RPMでした。かたや Z3025-8は9.1Vで
  7000RPMです。Z3025-8にも9.8Vかけられたとしたら、7540RPM程度
  まわると思うので、SK3548-1100の結果の5%程度の遅い回転数となり
  ます。KV値の差で考えると12%程度の違いです。この差は、内部抵抗等
  の違いが、負荷がかかったときの回転数に差を付けると云うことなので
  しょうかね?
     
  
[PR]
モーターの体力測定
「カチィ」っとやってしまったモーターの体力測定を自分で行おうと思っていましたが、こんなサイトを見つけました。
a0104699_23592045.jpg

いろいろなメーカーのモーターを実測して、その結果を載せているようです。
もちろん、「カチィ」っとやってしまったTURNIGY SK3548-1100の測定結果も出ています。
a0104699_23591893.jpg

これによると、APCの11x5Eで37.7A/11.51V、9840rpm、1901gの推力が出ているようです。なんだか使えそうな気がして来ました....

ご興味のあるかたは、こちらをご覧ください。

http://www.bungymania.com/bmdb.php
[PR]
HobbyKing
調子に乗って、また、「カチッ」とやってしまいました。

まずはこちら。
a0104699_225485.jpg

a0104699_2255028.jpg

P-47に使おうと思っている引込式のテールギヤです。
機体に取りつけてあるものは、おそらくRobart製の物。TowerHobbiesで購入しても$23.79もします。(国内ですともっと高かったです) で、HobbyKingで扱っているものは$4.95なんです。大きさ形共にほぼ同じです。違いとしては、シャフト径が、Robertが2.5mmに対し、HobbyKingは2mmです。本体の取りつけ穴を少しさらってあげれば2.5mmのシャフトが入りそうなので、使うときにはそうするつもりです。ボディの素材に関しては私にはわかりませんが、充分使えるのではないかと思います。たぶんコピー商品なのでしょうが、価格が1/4と云うのはなんなんでしょう(^^;


つぎはこちらです。
a0104699_2255948.jpg

a0104699_226175.jpg

現在製作中のFLASHに使えないかと思い、思わず「カチッ」としてしまいました。
TURNIGY SK3548-1100。1100KVで171g、推奨ペラは12x6と云うことです。実際の重量はと云うと、
a0104699_2261212.jpg

a0104699_2261423.jpg

マウントやプロペラアダプターを付けた状態で、201gです。比べているのはHyperionのZ3025-8ですが、ほぼ同等の重量です。
このモーター、買ってみて判ったのですが、写真をみてお判りのように両エンドにベアリングを使っています。たった$18.65のモーターなのにビックリです。
a0104699_226662.jpg

a0104699_226747.jpg

ネットでいろいろ調べていたら、TURNIGYモーターのカタログ表示はあてにならないと云う話があったので、近々テストベンチで体力測定をしてみたいと思います。

しかし、この2つで送料もいれて$30.89です。安物買いの銭失いになるのか、お得な買い物をしたのか、結果が楽しみです。

何に使うのって感じですが、次はこんなものに興味津々です。
http://www.hobbyking.com/hobbyking/store/uh_viewItem.asp?idProduct=11301
http://www.hobbyking.com/hobbyking/store/uh_viewItem.asp?idProduct=12883
http://www.hobbyking.com/hobbyking/store/uh_viewItem.asp?idProduct=6565
[PR]
電池交換用ハッチ
電池交換用のハッチとして、キャノピーラインに合わせて胴体前部をカットしてみました。
a0104699_22273530.jpg

a0104699_22273379.jpg

a0104699_2227308.jpg

キャノピーが付くとこんな感じです。
a0104699_22272848.jpg

キャノピーのロック方式は、DenkadoMusetteを真似て自作してみようと思います。

ちなみにカット前はこんな感じでした.....
a0104699_22371519.jpg

a0104699_2237254.jpg

[PR]
胴体カポット
FLASHの胴体って、設計が古いせいか、側面積が小さいですよね。
吉岡選手が設計された機体なので、これがバランス的には優れていると思うのですが、なんとなく今っぽくしてしてみたいと言う気持ちが......

胴体だけ自作と云うことも考えましたが、自分で線を引くと何がなんだか解らなくなるだろうと思い、ノーマルのまま製作を進めていましたが、ふと、胴体の下にカポッとはめ込む形で側面積を増やせたら、飛ばし比べも出来て面白いだろうなぁっと考えました。

そこで...... こんな物を作ってみました。
a0104699_07198.jpg

a0104699_071624.jpg


そう、主翼以降の底面にパコっとはめ込むエクステント胴体です。(このままフィルムで仕上げる予定です)

装着前はこんな感じで
a0104699_071451.jpg

装着後はこんな感じになります。
a0104699_071095.jpg

重量は13gです。

あとは、主翼の下と主翼前方の底面をなんとか作り込んでみようと思います。
まぁ、趣味のものですから......
[PR]