ラジコン飛行機のブログです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
外部リンク
最新のコメント
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:Super飛燕( 83 )
飛燕の修理
破損の状況はこんな感じでした。多分、太い茎のようなものにヒットしたんだと思います。左翼にもあちこち凹みや穴がございます(^^;
a0104699_22173338.jpg
復元が無理な部分は思いきってプランクをカットしました。リブまで破損しているのがよく判ります。
a0104699_22192952.jpg
a0104699_22192661.jpg
新しいプランク材をはるために、ガイドとなるバルサを接着しました。
a0104699_22211017.jpg
セメダインCを使って蓋をします。
a0104699_22224180.jpg
凹んだ部分は綺麗にカットして、スクラップバルサをはりつけます。
a0104699_22232948.jpg
a0104699_22233273.jpg
接着剤が乾いたところで、サンディングして形を整えました。
a0104699_22244272.jpg
あとはマイクログラスで補強して、目立った凹みはポリパテで補修するつもりです。
がんばろ(^^)v




































[PR]
思うところがあり...
久しぶりのSuper飛燕ネタです。
思うところがあり、引込脚とモーターを乗せ換えました。

まずは引込脚。ゴールドタイプとプリマでは少しばかり脚の確度が違うため、思い切ってメスを入れました。
a0104699_2214920.jpg

そして白いボール紙を使ってカバーリングします。
a0104699_22112197.jpg

瞬間接着剤をよくしみ込ませた後、プラカラーのフラットアルミを筆塗りしました。
a0104699_2211030.jpg

多少の隙間と色むらが出来てしまいましたが、脚を折ってしまった時にでもきちんと対応したいと思います。
脚を取りつけるとこんな感じですね。(左脚の写真が無かった....)
a0104699_2265586.jpg


そして、モーター(DURLSKY XM6360CA-10 Competition) の乗せ換えです。
もともとダイレクトタイプのモーターも乗せられるようにしておいたので装着は簡単ですが、ベルトダウンより150g重いので、重心合わせが問題です。できるだけリポを後ろ寄りに積めるように対応しましたが、これ以上後ろに下げるとリポの押さえがペリーパンからできなくなるのでここまでが限界のようです。
a0104699_2264225.jpg

ESCはハイペリオンを使います。
a0104699_2263843.jpg

[PR]
なかなか良い感じ....
「設定した温度でスイッチオン!」を組み立ててみました。
基盤のハンダ付けなんて何年振りだろう? まずは大方の部品を挿して、
a0104699_21222256.jpg

表を見るとこんな感じ
a0104699_21222634.jpg

そしてハンダを付けていきますが.... 全然うまく付けられない(^^; だいたいハンダ小手を持った手が震えてる。ハンダを付けるところが良く見えない。うぅ~、厳しいようぉ(T_T)
a0104699_21222925.jpg


そして、なんとかそれっぽく仕上がったので、とりあえず動作テストです。写真の右下に写っているのが温度センサで、対象物に接触していなくてもセンシングしているみたいで室温にも反応していました。そして黄色いLEDが設定温度の-10%なると点灯します。(40度に設定してあると、36度位で点灯) 赤いLEDは、設定温度になると点灯します。
a0104699_21221985.jpg


まずは自分の体温で試してみましたが、なかなか良い感じに動作します。


あとは、センサーがうまくモーターに接触するような仕組みを考えなくちゃ(^^)
[PR]
設定した温度でスイッチオン!
Super飛燕に使っているモーター、飛ばし終わった直後に温度を計ってみると61℃(外気28℃)まで上がっていました。1~2分経って再度計ってみたところ58℃まで下がっていましたが、夏場は少し心配なので、みなさんが使っているクーリングファンを私も準備しようと思います。

だがしかし、物忘れが酷い私は、ファンを回したままにしてしまう可能性も充分にあり得るので、タイマーをなんとかしなければならないと思いネットでいろいろ捜していたところ、こんな物を発見しました。
a0104699_2158291.jpg

その名も、「MK-315 設定した温度でスイッチオン!サーミスタとリレー付き温度センサーキット」 と言うもので、温度センサーが付いていて、設定温度に達するとリレーをON、設定温度以下ではリレーがOFFとなります。これは使えるのでは?と思い、秋葉原に行くついでがあったので入手してみました。回路は12Vで動作するので、クーリングファン用の電源と共用できるのではないかと思います。(ちなみにファンは別売です)
今週末にでも組み立ててみます。
[PR]
Super飛燕の初飛行
電動機の集いを主催しているクロスウインド・フライヤーズ・クラブのHPを管理している黒沢さんから、Super飛燕の初飛行動画と写真を頂いたのでアップしておきます。


a0104699_2194349.jpg

a0104699_2194768.jpg

a0104699_2195020.jpg

a0104699_2195313.jpg


黒沢さん、どうもありがとうございます。
[PR]
早く飛ばしたいなぁ....
やっとここまで漕ぎ着きました。
早く飛ばしたい.......
a0104699_22445522.jpg

a0104699_22445237.jpg

a0104699_22444899.jpg

a0104699_22444438.jpg

a0104699_22445976.jpg

a0104699_22571265.jpg

a0104699_22571794.jpg

しかし、思いのほか脚がグラつくなぁ~ 引込脚の機体ってこんなもんだっけ?
[PR]
Super飛燕の重心
ベルトダウンユニットを使うことで割と良い所にくるのでは?と思っていた重心位置ですが、やっぱりかなりの前重でした。このままだと後ろに130gの錘を積むようなので、電池を後ろにずらせるよう電池ベットを作り直します。まずは後ろから2/3程度のところまでカットし、斜め下に落とします。
a0104699_095245.jpg

そして側面を三角にカットしたベニアで塞ぎ、滑り止めシートや固定用のベルクロをセットしました。
a0104699_010176.jpg

電池を乗せるとこんな感じです。これで、指定の重心位置に概ね合うようです。
a0104699_010865.jpg

ここまで出来たので、先送りしていたバスコークの作業です。本来ならもっと前工程でやっておくことなのでしょうが、どうも気乗りがしなくて一番最後となってしまいました。(スポンジにしようと思いましたが、隙間を取り過ぎていてダメでした。) 

バスコークがついてほしくない部分を養生し、ケチらずたっぷりと良く練った(ここがミソ)バスコークを盛りつけます。なぜ良く練るかと言うと、硬化する速度が速くなるからです。チューブから出したままの状態で使うと、硬化するまでに3~4日(寒い時は1週間?)かかりますが、良く練って使うと1~2日で硬化します。
a0104699_0101440.jpg

a0104699_0101845.jpg

この作業、いつも盛りが少なくて綺麗に仕上がらないので(隙間ができてしまう)、今回はいつも以上にたっぷり盛ったつもりですが、綺麗に仕上がるかとっても心配です。
a0104699_0102362.jpg

外にはみ出た部分は、この時点でヘラでカットして置くと(フィレットに沿ってすうっとヘラを走らせておくだけ)硬化した後の処理が大変楽です。
あとはこのまま硬化を待ちます。今回は念のために2日寝かせよう思います.....
[PR]
あともう少し
モーターの故障以来やる気を失せていたSuper飛燕の仕上げですが、無事にモーターが戻ってきたので作業再開です。まずは、モーターの組み込みです。せっかくバラしたので写真を撮っておきました。
a0104699_22291528.jpg

a0104699_22291247.jpg

う~ん、やっぱカッコイイですね(^^)
こちらは機体に積んだところです。
a0104699_2229941.jpg

リンケージもほぼ終わり、あとは重心位置の再確認です。たぶん、Li-poのマウントを改良しないと駄目そうです。
a0104699_2229693.jpg

a0104699_2229229.jpg

[PR]
帰ってきた~
修理のために本国に里帰りしていたHacker C50ですが、修理が終わり今日無事に戻ってきました。
a0104699_22495222.jpg

結局、インナーローターが割れてしまった原因については何もコメントはありませんでしたが、修理代や返送の送料は一切請求されず無償対応して頂けました。
感謝です。
a0104699_22494954.jpg

届いたモーターですが、バナナ端子の部分が、自分が取り付けた方法と違っていたので、もしかすると新しいモーターを送ってくれたのかも知れません(^^)
a0104699_22494526.jpg

送ったのが3月5日だったので、ちょうど一カ月での帰還です。時間がかかっているので、やっぱり修理したのかなぁ~
[PR]
辛すぎる......
プロポ、ESCの設定方法をおおよそ理解できたので、もう一度スロットルスティックの下部分を調整しようと、プロペラを付けずにセッティングを始めたら......

スロットルカーブのポイントをいじりながら、何度もスロットルのON/OFFを行い低回転でモーターを回していたところ、突然「バチィ」っていう音と共に小さな火花が飛んで、モーターが回らなくなってしまいました.....

はぁ.......

発売元である50プロダクトさんにメールで問い合わせをしたところ、「無負荷での回転で過剰な電流が流れたものと思われます。残念ながら、モーターコイルの焼き付きと思われこのような場合、モーターは修理不可能です。」と言う悲しい回答が。でもさぁ、ペラの回転数で2000回転前後(モーター軸で13400回転)しか回していないのに、そんなに大きな電流が流れるの? だいたいモーターの電流って負荷がかからないと流れないのでは? ブラシモーターは、よく無負荷で慣らし運転したよね? モーターの加熱には気を使っていて、36~7度だったんで負荷がたくさんかかっていたとは思えないけど(--; まぁ、50プロダクトさんには責任はないので、文句は言えないけど。
 
どうせダメならと思いモーターを分解してみたら、こんな感じになっていました。赤マルで囲んだ部分にある丸い円盤状のものが割れています。
a0104699_21265167.jpg

過電流が原因の場合、こんな所が壊れるのかなぁ? アウターローターの場合、電流が流れ過ぎると発熱してマグネットが剥がれたりするけど、インナーローターの場合はどうなるの?

あ~、このままだと捨てるしかなくなってしまいそうなので、ダメ元でハッカーにメール送って見るぞ。しかし、飛行機続ける元気がなくなった.......(T_T)
a0104699_21451166.jpg

50プロダクト タイプF ベルトダウン(ハッカー C50-14XL)
[PR]